特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

誠実に明朗に

90回センバツ智弁学園 選手紹介/9止 藤村健太選手/山本奨人選手 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球大会>

恵まれた体で強打 藤村健太選手(1年)

智弁学園の藤村健太選手=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影 拡大
智弁学園の藤村健太選手=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影

 身長182センチ、体重94キロの恵まれた体から放たれる打球は、力強い。中学3年の時に、リトルシニアの日本選抜チームのメンバーに選ばれ、全米選手権に出場。4番も務めた強打者だ。

 全米選手権でチームは優勝。中2の時の腰の故障を乗り越えて味わった喜びは、今でも苦しいことがあった時に心の支えになっている。打撃練習では体をコンパクトに使うことを意識してきた。打席に入る前には腕や肩を動かし、緊張をほぐす。この冬の間に体重が4キロほど増え、打球の速さも増した。

 マイペースな性格で、みんなが緊張する場面で平然としていることも。「初球からバットを積極的に振り、相手の嫌がるところに打ち返したい」と気合を込める。

自分の投球を貫く 山本奨人選手(1年)

智弁学園の山本奨人選手=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影 拡大
智弁学園の山本奨人選手=奈良県五條市の同校で、佐藤英里奈撮影

 昨秋の公式戦では登板はなかったが、投手としての活躍が期待される右腕。直球にスライダー、カーブを織り交ぜ、「自分の投球スタイルを貫き、無失点で抑えて活躍したい」と登板を待ち望む。

 昨年、練習試合で投げ、四死球を出して失点。「もっと後ろにいる仲間を信じ、打たせて取るべきだった」と反省した。まずは「自分の投球に自信を持つこと」と、下半身の鍛錬のためにダンベルを持ってスクワットを繰り返し、投球姿勢が後ろに傾き過ぎないよう体重移動を意識して練習する。マウンドに立ったら周りに声を掛け、バックを信じて投げるつもりだ。

 バス釣りが趣味。投手だけに「(ルアーを投げる時に)人より投げられるかな」とはにかむ。=おわり

次に読みたい

あわせて読みたい