特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

自分たちの野球を 英明、壮行会で決意新た /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
センバツでの活躍を誓う英明の千原凌平主将=高松市の同校で、潟見雄大撮影 拡大
センバツでの活躍を誓う英明の千原凌平主将=高松市の同校で、潟見雄大撮影

 <センバツ2018>

 23日に阪神甲子園球場で開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する英明の壮行会が9日、高松市亀岡町の同校であった。選手らは真剣な表情で臨み、決意を新たにした。

 壮行会は全国大会に出場する同校のバドミントン部、テニス部とともに開かれた。生徒や教員ら約300人が見守る中、野球部の選手らはセンバツ旗を手にした千原凌平主将(2年)を先頭にユニホーム姿で入場。千原主将が「大会に向けて身が引き締まる思い。自分たちのプレーができるよう精いっぱい戦います」と誓った。これに対し、真部卓一校長が「フェアプレーで戦ってほしい。まずは1勝を目指して頑張れ」と激励した。

 エースの黒河竜司投手(1年)は取材に対し、「先のことは考えず、自分たちの野球をしたい。試合では観客や仲間に認めてもらえるような投球がしたい」と意気込んだ。

 終了後、選手たちは福岡県内での練習試合のため、バスで学校を出発した。センバツの組み合わせ抽選会は16日に開かれる。【潟見雄大】

次に読みたい

あわせて読みたい