メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫早湾干拓事業

漁協に拒否を報告 和解案で弁護団 異論出ず /佐賀

 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)を巡り、福岡高裁が開門する代わりに漁業振興のための基金を創設するなどして和解するよう勧告したことを受け、開門を求める漁業者側弁護団の馬奈木昭雄弁護士が9日、県有明海漁協(佐賀市)に和解案を拒否する方針を伝えた。漁協側から異論の声は出なかった。

 協議は非公開であり、漁協の幹部や、諫早…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです