メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 佐川長官が辞任 文書書き換え関与か 「国会審議、混乱招いた」

国税庁長官を辞任し頭を下げる佐川宣寿氏=財務省で2018年3月9日午後9時12分、和田大典撮影

 麻生太郎副総理兼財務相は9日、財務省の前理財局長、佐川宣寿(のぶひさ)国税庁長官(60)から辞任の申し出があり、持ち回りの閣議で了承したと発表した。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書が書き換えられたとされる疑惑が事実だった可能性があり、その責任を取っての辞任との見方も出ている。決裁文書の書き換えが疑われる時期に国有財産管理の責任者だった佐川氏の辞任は、安倍政権にとって大きな打撃となりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1426文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです