メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

東京裁判70年=保阪正康

左上から時計回りに▽首相として訪米中にアイゼンハワー米大統領とゴルフを楽しむ岸信介▽南京入城式で先頭を行く馬上の松井石根指揮官▽東京裁判の法廷玄関に並ぶA級戦犯の被告たち=コラージュ・立川善哉

立場が逆ならどうなったか

 今年は極東国際軍事裁判(東京裁判)の終結から70年である。この裁判はドイツのナチス指導者たちを裁いたニュルンベルク裁判と共に、20世紀の象徴とされている。文明の名において裁くとの名目で、「平和に対する罪」「殺人の罪」「人道に対する罪(通常の戦争犯罪)」の3種類に分けて55の訴因が提示され、28人の戦時指導者に戦争犯罪人として起訴状が出た。これが昭和21(1946)年4月29日であり、法廷は5月3日から始まった。

 それから2年半ほど後の昭和23(48)年11月12日に判決が下され(裁判中に病死などがあり言い渡さ…

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文2004文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]