メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

輸入制限署名 揺らぐ自由貿易体制米 EU、露など反発

TPP11と米国の通商摩擦を巡る構図

 トランプ米大統領が8日決定した鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限措置は、米国との交渉次第で国単位で適用外となる余地を残したことで、報復措置が応酬する「貿易戦争」の即発は避けられた。しかし、米国の一方的措置を認めれば、米国をまねた輸入制限を誘発しかねず、世界貿易機関(WTO)のルールに基づく自由貿易体制を揺るがしかねないリスクをはらむ。

 「まったくばかげている。英国が安全保障上の措置の対象になることなどあり得ない」。英国のフォックス国…

この記事は有料記事です。

残り2030文字(全文2249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです