メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 TPP11どんな協定?=回答・浜中慎哉

TPP11と主要国のGDPシェア

関税撤廃で経済活性化 GDP世界2位規模 日本、自動車で恩恵

 なるほドリーマン君 TPP11はどんな協定なの?

 記者 TPPは「環太平洋パートナーシップ(Trans-Pacific Partnership)協定」の略称です。元々日本や米国など太平洋を囲む12カ国が自由な貿易をするために定めたルール(TPP12)でしたが、2017年1月にトランプ米大統領が離脱表明し、残る11カ国で新たに結んだのがTPP11です。最終的に日本は農産・工業品全ての貿易品目の95%の、他の10カ国は99~100%の関税を撤廃したり、サービスや投資の自由化を進めたりして11カ国間の貿易や投資が活発になり、経済活性化につながることが期待されます。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1703文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 鮮明な写真公開 タンカー攻撃で 米政府 「イラン関与」を改めて主張
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で
  5. 国家戦略特区 政府ワーキンググループ委員関連会社 提案者から指導料200万円、会食も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです