メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
土記

拒否権プレーヤー=青野由利

 <do-ki>

 いったい、なぜ変えられないのだろう。

 福島の原発事故でその恐ろしさを知ったのだから、まずは日本が脱原発に向けてかじを切るはず。それなのに、「事故の教訓をくんで、最も安全な原発を」などと言い出し、7年がたつ。

 見回せば、よほど他国の行動の方がわかりやすい。典型的なのは言うまでもなくドイツだ。福島の事故を受けメルケル首相が脱原発の時期を早めた。原発大国フランスでさえ影響をもろに受けた。準国営の原子力企業アレバの経営危機が加速。法律で電力に占める原発比率を75%から50%まで下げると決めている。

 スイスやベルギー、韓国など、事故後に原発政策を転換した国は他にもある。なぜ、当事国の方が消極的なの…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1010文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです