メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

肌で感じる被災地の今 私は語る、明日のために 佐藤翔輔・東北大災害科学国際研究所准教授の話

=川口裕之撮影

細くても続けるべきだ

 東日本大震災が発生して以降、遺族や被災者が体験を語る「語り部活動」が活発になり、被災地について学ぶことのできる民間の展示施設、復興公園や震災遺構なども各地で整備された。震災を伝えていこうという活動が、過去の災害では見られないほど活発になった。津波は何度でも繰り返す災害であり、同じような被害を繰り返してはならないという被災地の人々の思いが背景にあるからだろう。

 ただ、震災発生から2~3年をピークに訪れる人が減る施設などもある。細くても長く継続しなければならな…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです