メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再びつながる

東日本大震災7年/中 心もほぐす、体操教室

災害公営住宅の入居者に体操を指導する健康運動指導士の藤野恵美さん(中央)=岩手県陸前高田市で、矢澤秀範撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 東日本大震災では避難生活が長期化し、避難所や仮設住宅での健康管理が不可欠となった。被災地では、災害公営住宅(復興住宅)を中心に運動指導者による体操教室が今も続けられている。

 ●介護予防にも効果

 中心市街地でかさ上げ工事が続く岩手県陸前高田市。2月28日、高台にあるコミュニティーホールで、隣接する復興住宅「栃ケ沢アパート」の入居者たちが輪を作った。音楽に合わせて腕や足をゆっくりと伸ばしていく。

 「手先が床に付きますか。足が短いんですね」。参加者の笑い声が響く。健康運動指導士の藤野恵美さん(6…

この記事は有料記事です。

残り1973文字(全文2237文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです