メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/216 第6章 24=高村薫 多田和博・挿画監修

 忍は軽い過呼吸を起こして浅く浅く息をしながら、しばし自分や母や父を罵倒し続ける。母親といっても、物心ついたころから入退院を繰り返し、自分と同じ精神障害者保健福祉手帳を持っている何者かと言ったほうが正しい。しかも、向こうは自分より重い二級で、料理は下手だし、掃除や洗濯はしないのだ。そんなふうだから母親という感じはもったことがないし、もとよりいてもいなくても気にもならない。正確に言えば、そんな母親の入院がこころにこたえたはずはない一方で、世界のなかの母の居場所が変わったことと、実家の鍵が開かなかったことが自分の正気を失わせたのだということを、忍はゆっくりと自分に確認する。あわてることはない。お袋の頭はどのみちぶっ壊れているのだから悲しくもない。忍、分かったか。大丈夫だ、世界の大枠は何も変わっていない。

 それより、俺は何をしに来たのだった? そう、ケータイを探しに来たのだ。ケータイを取り戻して、何をす…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文950文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]