連載

創作の原点

芸術・文化の世界で活躍する著名人の方々に、それぞれの「創作の原点」を聞いた。

連載一覧

創作の原点

演出家・浅利慶太さん 「李香蘭」語り継ぐ責任

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=東京都渋谷区で、根岸基弘撮影
=東京都渋谷区で、根岸基弘撮影

 今年創立65周年を迎える劇団四季の創立メンバーの一人で、長く代表を務めてきた演出家の浅利慶太さん(84)。ここ数年、企画・構成・演出を手がけた「ミュージカル李香蘭」の上演を重ね、この4月の公演で898回を数える。昭和の戦乱期、中国人スター李香蘭として生きた日本人・山口淑子さん(1920~2014年)の数奇な半生を描くオリジナルミュージカル。戦争体験世代としての強い思いが根底に流れている。

 小学3年の時に太平洋戦争が開戦し、中学1年で終戦を迎えた。「一番感じやすい時期に戦争の中にいました」。東京・永田町の永田町小学校に通っていたが、新宿区下落合に引っ越し、落合第一小学校に転校した。「そこで猛烈な空襲に遭いました。アメリカ軍の爆撃に耐えながら過ごしていました」

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1709文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集