メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米輸入制限

豪も除外 トランプ氏「互恵的関係を約束」

トランプ米大統領=米ワシントンのホワイトハウスで2018年3月8日、AP

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は9日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限をめぐり、オーストラリアを例外扱いにする方針を明らかにした。ツイッターに「ターンブル首相と話した。彼は公正で互恵的な国防・通商関係を約束した」と投稿した。トランプ政権は例外扱いの国が出た場合、その分、他の国に適用する関税率を引き上げる方針で、日本にも影響する可能性がある。

 トランプ氏は8日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉中のカナダとメキシコを除く全対米輸出国を対象に、23日から鉄鋼に25%、アルミには10%の関税引き上げを行うと決定した。日本や欧州など他の国には、防衛・通商面での貢献策を示させ、「国家安全保障上の脅威」を低下させると判断すれば、関税率を下げたり、対象から外したりする方針も決めた。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです