米輸入制限

豪も除外 トランプ氏「互恵的関係を約束」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ米大統領=米ワシントンのホワイトハウスで2018年3月8日、AP
トランプ米大統領=米ワシントンのホワイトハウスで2018年3月8日、AP

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は9日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限をめぐり、オーストラリアを例外扱いにする方針を明らかにした。ツイッターに「ターンブル首相と話した。彼は公正で互恵的な国防・通商関係を約束した」と投稿した。トランプ政権は例外扱いの国が出た場合、その分、他の国に適用する関税率を引き上げる方針で、日本にも影響する可能性がある。

 トランプ氏は8日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉中のカナダとメキシコを除く全対米輸出国を対象に、23日から鉄鋼に25%、アルミには10%の関税引き上げを行うと決定した。日本や欧州など他の国には、防衛・通商面での貢献策を示させ、「国家安全保障上の脅威」を低下させると判断すれば、関税率を下げたり、対象から外したりする方針も決めた。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文650文字)

あわせて読みたい

注目の特集