メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山県

トヨタ2000GT大破訴訟 「半額」で和解へ

倒れてきたブナの木で大破した「トヨタ2000GT」=2014年6月(原告側弁護士提供)

 富山県南砺市の国道156号で2014年、走行中の希少なスポーツカー「トヨタ2000GT」が倒木の直撃を受けて大破し、けがをしたのは、県が管理を怠ったためとして、いずれも奈良県の所有者と運転手の男性2人が県を相手取り、車代や治療費など約3900万円の損害賠償を求めた訴訟は和解する見通しになった。県が…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 大阪震度6弱 女児通夜、泣き崩れる児童も
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]