メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州運輸局

物流効率化へ連携強化議論 人手不足対策探る

 九州運輸局は、慢性化するドライバー不足に対応し、物流を安定的に維持するための方策を探るシンポジウムを福岡市で開催した。トラックや鉄道、フェリーといった運輸会社のほか、荷物を発注する側のJAなども参加し、物流の効率化やドライバーの労働環境改善に向けた連携強化に関して意見を交わした。

 国土交通省によると、トラックは国内貨物輸送量の4割強を担う一方、人手不足が深刻化。シンポジウムで、フェリーや貨物列車を使っ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]