メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝会談へ

ロシア外相「正しい方向へ向けた一歩」

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアは米朝が首脳会談開催に合意したことを歓迎している。北朝鮮の核問題について「対話による解決」という立場を貫き、トランプ米政権が北朝鮮に対する独自制裁を重ね、軍事衝突に発展する事態を懸念していたためだ。ロシアは今後、核問題を巡る6カ国協議のような本格的な交渉の再開へ向け、中国などと協力していく意向だ。

 ラブロフ外相は9日、訪問先のエチオピアで記者会見し、米朝会談実施合意について「正しい方向へ向けた一歩だ」と評価した。ラブロフ氏は、4月開催が決まった南北首脳会談とも合わせ、「これらはまさしく、ロシアと中国が訴えてきたことだ。圧力や最後通告、一方的な制裁措置ではなく、緊張緩和による解決だ」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです