メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

年内発効も「米抜き」で漂流回避 新協定署名

TPP11の合意文書に署名した茂木敏充経済再生担当相(右から4人目)ら各国の閣僚=サンティアゴで2018年3月8日、AP

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は8日(日本時間9日未明)、チリ・サンティアゴで新協定「TPP11」の署名式を開き、正式な合意文書に署名した。各国は今後国内の批准手続きを進め、早ければ今年中に発効させたい考えだ。TPPは米国の離脱で漂流が懸念されたが、ひとまず「米国抜き」の11カ国で実現する道筋がついた。

 TPP11は、6カ国が批准すれば発効する仕組みで、日本政府は今国会に協定承認案と関連法案を提出し、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです