メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

年内発効も「米抜き」で漂流回避 新協定署名

TPP11の合意文書に署名した茂木敏充経済再生担当相(右から4人目)ら各国の閣僚=サンティアゴで2018年3月8日、AP

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は8日(日本時間9日未明)、チリ・サンティアゴで新協定「TPP11」の署名式を開き、正式な合意文書に署名した。各国は今後国内の批准手続きを進め、早ければ今年中に発効させたい考えだ。TPPは米国の離脱で漂流が懸念されたが、ひとまず「米国抜き」の11カ国で実現する道筋がついた。

 TPP11は、6カ国が批准すれば発効する仕組みで、日本政府は今国会に協定承認案と関連法案を提出し、…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです