メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローンで見た被災地

(1)飯舘村・フレコンバッグ

 東日本大震災から7年を迎える福島県飯舘村。いたる所に今も汚染土が詰まった「フレコン(フレキシブルコンテナの略)バッグ」と呼ばれる袋が大量に積み上げられている。

 環境省によると、同村内における国直轄の除染事業だけでこれまで約250万袋が発生し、今年1月末時点でも約228万袋が未処理のまま仮置きされている。1袋の容量は1立方メートル。

 小型無人機ドローン搭載のカメラでかつて農地だったエリアをとらえると、雄大な阿武隈高地の山並みをバッ…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文600文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです