メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新燃岳

2日ぶり爆発的噴火 噴煙、高さ最高の3200m

溶岩が流出した霧島連山の新燃岳=宮崎、鹿児島県境付近で2018年3月9日午後5時30分、本社ヘリから津村豊和撮影

溶岩流を確認

 活発な噴火活動が続く宮崎と鹿児島県境の霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)で9日、火口北西側から溶岩が流れ出た。火砕流は確認されていない。午後4時ごろには2日ぶりに爆発的噴火があり、噴煙の高さは一連の噴火で最高となる約3200メートルまで上昇。大きな噴石が火口から約800メートル先まで飛んだ。

 新燃岳の溶岩は安山岩質で、1986年に溶岩流で全島避難した三原山(東京)の玄武岩質より粘性が高く、流れは遅いという。

 気象庁によると、9日午前10時10分ごろ、溶岩が火口北西から流れ出ているのが確認された。同庁は9日、連続噴火が同日午前1時45分に停止したと発表したが、活発な火山活動は続き、火口内にたまった溶岩があふれ出たとみられる。

 毎日新聞が9日、上空から溶岩流を確認すると、火口北西側からあふれ出た溶岩がじわりと斜面を進み、その周囲から激しく蒸気が立ち上っていた。

 一方、国土地理院は9日、衛星写真の解析の結果、火口内の円形の地形変化が7日の直径約550メートルから約650メートルに拡大したと発表した。専門家は、地形変化を溶岩ドームと分析している。

 新燃岳は今月1日に噴火し、爆発的噴火は6、7日に計34回を観測していた。同庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を継続し、警戒を呼び掛けている。【山下俊輔、下原知広】

新燃岳の溶岩流 火砕流に発展する危険性は低い見方

 新燃岳の溶岩流について、専門家は、流れる速度は遅く、火砕流に発展する危険性は現時点で低いとの見方を示している。溶岩が流れ出た側の鹿児島県霧島市によると、火口から半径4キロ内には民家はないという。

 京都大の鎌田浩毅教授(火山学)は、溶岩流について、今回の活動で火口内にたまり続けた溶岩が、火口周囲で比較的低い北西側からあふれ出たとみる。また、溶岩の塊が崩れながら一気に流れ下る火砕流に発展する危険性については「今回は溶岩がとろとろと流れ出している状況で、この先、1週間前後で火砕流に発展することはない」と指摘した。

 一方、溶岩流の流出が止まると、ガスがたまり、再び爆発的噴火を引き起こす恐れもある。鎌田教授は「火山活動は予測が難しい。丁寧に観測を続け、住民がハザードマップを確認するなど警戒を続けることが重要だ」と話した。【青木絵美】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 大阪震度6弱 女児通夜、泣き崩れる児童も
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]