メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友問題

豊中市議「役人辞任で済まない 内閣総辞職だ」

木村真・豊中市議=大阪市北区で2017年3月、大西岳彦撮影

問題発覚のきっかけを作った木村市議 佐川長官辞任に

 9日、財務省の前理財局長、佐川宣寿国税庁長官(60)から辞任の申し出があり、持ち回りの閣議で了承された。国有地売却問題を1年以上にわたって追及してきた地元の関係者らも、佐川氏の辞任に驚きや批判の声を上げた。

 大阪府豊中市の木村真市議は「役人1人が辞任して済む話ではない。内閣総辞職をすべきだ」と憤る。木村市議は昨年2月、財務省近畿財務局が学園への国有地売却額を非公表とした決定を取り消すよう求める訴訟を起こし…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  2. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 土砂崩れ、川の大部分せき止められ水田に水あふれ出る 山形・鶴岡 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです