メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

三重県、黒塗り開示へ 個人特定部分除き 

毎日新聞の情報公開請求で三重県が開示した旧優生保護法に関する公文書。審査議事の内容が黒塗りにされていた=毎日新聞津支局で2018年3月8日午後5時55分、山本萌撮影

 旧優生保護法に基づく障害者らへの強制不妊手術に関する情報公開を巡り、三重県の鈴木英敬知事は9日、公文書の多くの項目を黒塗りにして開示した県の対応を見直し、内容を精査して改めて開示する考えを明らかにした。同様に大半を黒塗り開示した北海道や埼玉県の対応にも影響を与える可能性がある。

 鈴木知事は取材に「県がやれることは丁寧にやろうという方針だったので、まだ開示できる部分があるはずだということに至った」と話…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです