森友問題

「退職、担当局長で責任感じ」 佐川氏一問一答

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院財政金融委員会で答弁する財務省の佐川宣寿理財局長(当時)。右は麻生太郎財務相=国会内で2017年5月16日、川田雅浩撮影
参院財政金融委員会で答弁する財務省の佐川宣寿理財局長(当時)。右は麻生太郎財務相=国会内で2017年5月16日、川田雅浩撮影

 9日に国税庁長官を辞任した、財務省の前理財局長の佐川宣寿氏(60)は財務省内で初めて報道陣の取材に応じた。一問一答は次の通り。

 --今日退職を決めた理由。

 決裁文書(を巡る疑惑)が、現在の国会で大変大きな議論になっており、提出時の担当局長であったことから責任を感じた。

 --近畿財務局職員の自殺報道もあった。

 今日のニュースで知った。本当に残念で、心からご冥福をお祈りしたい。

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1301文字)

あわせて読みたい

注目の特集