特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊手術

福岡県統計、国の記録上回る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

全国的な実態調査が必要 専門家指摘

 毎日新聞は旧優生保護法(1948~96年)に基づき福岡県内で強制不妊手術を受けた障害者らの数を、県の「衛生統計」などから調べた。記録されているのは356人で、旧厚生省の「衛生年報」などで明らかになっていた344人を上回った。県の資料には5年分の記録がなく、実際はさらに多いとみられる。専門家は全国的な実態調査が必要と指摘している。

 9日開示された衛生統計などによると、49~96年(50、52、67~69年分は欠落)の強制不妊手術は356人で、もっとも多い年は58年の44人だった。未成年者は32人(男性10人、女性22人)で全体の約1割を占めていた。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文508文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集