メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ターくんと頭ぐるぐる

けがとスポーツ 感動していいの?

[PR]

 韓国かんこく平昌冬季ピョンチャンとうきオリンピック(五輪ごりん)につづき、平昌冬季ピョンチャンとうきパラリンピックがはじまった。スポーツの感動かんどう日々ひびわらない。編集長へんしゅうちょうのボクがとても感動かんどうしたのはぎんメダリストの渡部暁斗選手わたべあきとせんしゅ(29)のあのことば。でもそれって、本当ほんとう感動かんどうしていいの? あたまグルグルだ。【編集長へんしゅうちょう西村隆にしむらたかし

ほねの1、2ほんくれてやる」

 渡部選手わたべせんしゅは、スキージャンプとクロスカントリースキーの両方りょうほう合計ごうけいきそうノルディックスキー複合ふくごうぎんメダルにかがやいた。競技後きょうぎごになって、練習中れんしゅうちゅうにろっこつ骨折こっせつし、いたみをこらえながらのすべりだったと発表はっぴょうされた。渡部選手わたべせんしゅは「ほねの1ぽん、2ほんくれてやるという気持きもちでのぞんだ。けががなかったらきんメダルをれていたとはおもっていない」とはなした。

 テレビのコメンテーターは「いたみを我慢がまんしてぎんメダルとはすごい選手せんしゅだ。けがをきんメダルをのがしたいいわけにも使つかわない」と手放てばなしでほめていた。ていたボクも、「選手生命せんしゅせいめいをかけていたんだ。五輪ごりんはやっぱり感動かんどうするなあ」とおなおもいだった。

医師いしもOKだった」

 日本にっぽんかえってきた渡部選手わたべせんしゅ空港くうこうでの記者会見きしゃかいけんで、あらためてけがについてはなした。こちらはあまりニュースになっていない。スポーツ新聞しんぶんの「デイリースポーツ」の電子版でんしばんから引用いんようして紹介しょうかいしよう。

 「ぼくはこういう年齢ねんれい(29さい)だからいいけど、この報道ほうどうわか無理むりして試合しあいることが懸念けねん心配しんぱい)。よいはマネしないように。無理むりをするつもりはなかったし、られないという判断はんだんだったら出場しゅつじょう辞退じたいするつもりだったが、ドクター(医師いし)もOKだったので可能かのうかぎ努力どりょくした。これはイレギュラー(特別とくべつ)なことで、五輪ごりんだったから無理むりしてた」

 最初さいしょつたえられたはなしとずいぶんちがう。大切たいせつなことは2てん出場しゅつじょうしないことをふくめて冷静れいせい判断はんだんしたこと。そして医師いし診断しんだんしたがったことだ。渡部選手わたべせんしゅ今月こんげつよっかにはフィンランドでのワールドカップに出場しゅつじょうし5位入賞いにゅうしょうしている。医師いし診断通しんだんどおり、元気げんきなようだ。

毎小読者まいしょうどくしゃのキミへ

 もしキミが選手せんしゅで、コーチから「渡部選手わたべせんしゅのように、けがぐらい我慢がまんして出場しゅつじょうしろ」とわれたらどうする? スポーツ選手せんしゅなら大人おとなどもも「ます」とこたえてしまう。しかし、それではなおるけがもなおらなくなって、ずっとスポーツができなくなってしまう。

 日本体育協会公認にほんたいいくきょうかいこうにんジュニアスポーツ指導員しどういんでもあるボクは、五輪ごりんメダリストをそだててきたフリースタイルスキーのコーチ、遠山健太とおやまけんたさんの授業じゅぎょうけた。遠山とおやまコーチは「ジュニアの選手せんしゅ選手せんしゅおやも、いたみを我慢がまんしてプレーすることをうつくしいこととおもってしまいます。無理むりすると引退いんたいにつながります。いたみはきちんとおややコーチにはなすことです」とねんした。渡部選手わたべせんしゅ遠山とおやまコーチも、いたみを我慢がまんすることは、感動かんどうなんかではないと心配しんぱいしている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです