メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

祈りや歌、犠牲者悼む /神奈川

ろうそくの明かりで表現された「3・11」。カテリーナさん(奥中央)の哀愁を帯びた弾き語りが周囲に響いた=横浜市中区で

 1万5000人以上が亡くなった東日本大震災から7年を迎えるのに合わせ、県内各地で10日、犠牲者の追悼行事や被災者の現状に関する報告会などが開かれた。大勢の参加者が巨大自然災害で命を落とした人々を悼み、被災者への支援の輪が広がった。【太田圭介、因幡健悦、堀和彦】

 横浜市中区の大通り公園では10日、ろうそくに灯をともして死者を弔う「東日本大震災かながわ追悼の夕べ」(毎日新聞横浜支局など後援)が執り行われた。大勢の参加者が祈りの言葉や歌などをささげ、犠牲者を悼んだ。

 ろうそくに点火後、犠牲者を追悼するため参加者全員で黙とうした。そして、被災地の様子や被災者の内面を表現した詩が朗読された。

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです