メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

祈りや歌、犠牲者悼む /神奈川

ろうそくの明かりで表現された「3・11」。カテリーナさん(奥中央)の哀愁を帯びた弾き語りが周囲に響いた=横浜市中区で

 1万5000人以上が亡くなった東日本大震災から7年を迎えるのに合わせ、県内各地で10日、犠牲者の追悼行事や被災者の現状に関する報告会などが開かれた。大勢の参加者が巨大自然災害で命を落とした人々を悼み、被災者への支援の輪が広がった。【太田圭介、因幡健悦、堀和彦】

「追悼の夕べ」で避難者心情吐露 横浜大通り公園

 横浜市中区の大通り公園では10日、ろうそくに灯をともして死者を弔う「東日本大震災かながわ追悼の夕べ」(毎日新聞横浜支局など後援)が執り行われた。大勢の参加者が祈りの言葉や歌などをささげ、犠牲者を悼んだ。

 ろうそくに点火後、犠牲者を追悼するため参加者全員で黙とうした。そして、被災地の様子や被災者の内面を…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです