メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

鳥の巣の展覧会20年 鈴木まもるさん /静岡

鈴木まもるさん

命を育てたい親の造形美 鈴木まもるさん(65)

 下田市と松崎町の境の婆娑羅山(ばさらやま)のふもとにあるログハウスのアトリエには、国内外を歩いて集めた鳥の巣300種1000個以上が、壁にしつらえた棚にずらりと並ぶ。

 おわん形、球体、筒形と形はいろいろで、小枝や葉、羊の毛など材料もさまざまだが、「すべて親鳥がこれから産む卵とひなの安全を守るため、誰にも教わらずに本能の力でつくったもの」だ。

 バブル景気が始まる1986年、東京都目黒区のアパートから、伊豆半島の山を崩した売り地に家を建てて転…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです