特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

STRONG

’18センバツ東邦 今季初の練習試合 強豪・比叡山に連勝 森田監督「攻守ともに成果」 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
比叡山との第1試合で、五回裏2死満塁から本塁打を放つ東邦の山本泰正選手=東郷町諸輪で 拡大
比叡山との第1試合で、五回裏2死満塁から本塁打を放つ東邦の山本泰正選手=東郷町諸輪で

 <第90回記念選抜高校野球>

 第90回記念センバツ大会に出場する東邦は10日、東郷町諸輪の同校グラウンドで今季初の練習試合に臨んだ。関西の強豪・比叡山(大津市)と2試合をし、いずれも2桁安打で13-1、10-0と快勝した。

 東邦の6番、山本泰正選手(2年)は、俊足、強肩、好打を兼ね備えた高い身体能力の持ち主。第1試合では満塁本塁打を含めて2安打5打点と活躍し「甘く入った直球を打った。体を開くタイミングを意識してからは調子が良い」と手応えを話した。

 投手陣は2試合で5人が登板し、計1失点に抑えた。森田泰弘監督は「攻守ともに準備してきた成果が出た。試合の中での状況判断もなかなか良かった。今後さらにミスを減らしていく」と話した。

 この日はJR東海の青山真也・前監督が指導に招かれ、選手らに「打撃は手だけで振らず、もっと下半身で回転運動を付けて」などとアドバイスしていた。【横田伸治】

次に読みたい

あわせて読みたい