メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲賀選挙不正

「白票渡され数えた」 会見で市長、元課長補佐関与説明 /滋賀

告発の経緯などを説明する滋賀県甲賀市の岩永裕貴市長(左から2人目)と松山仁市選管委員長(同3人目)ら=同市役所で、衛藤達生撮影

 昨年10月の衆院選滋賀4区の開票作業で白票水増しに関わったとして甲賀市から告発された総務課長補佐(50)=当時=が「(開票作業中に)総務部次長(56)から白票の束を渡され、『これを数えてくれ』と言われ、数えた」と話していることが分かった。9日夜に岩永裕貴市長らが記者会見で明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです