メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 天国から見守って 引退補助犬の慰霊碑、奈良で除幕 /兵庫

「日本介助犬使用者の会」の木村佳友会長(左端)ら補助犬使用者が参加して行われた引退補助犬慰霊碑の除幕=奈良県葛城市竹内の宝塚動物霊園・奈良分院で、高尾具成撮影

使用者の会・木村さん「功績たたえる場に」

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)としての役目を終えた引退犬のケアや補助犬使用者の支援に取り組むNPO法人「日本サービスドッグ協会」(JSDA、谷口二朗理事長)=奈良県葛城市新村=は10日、宝塚動物霊園・奈良分院(同市竹内)に建立した引退補助犬慰霊碑を除幕、開眼法要を営んだ。関係者約70人が見守る中、補助犬やキャリアチェンジ犬として活躍後、息を引き取った犬たちの納骨式が執り行われた。【高尾具成】

 2002年の「身体障害者補助犬法」(補助犬法)の成立から16年を迎え、引退犬が生涯を終えるケースが…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文911文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです