連載

なくそう心の段差

毎日新聞デジタルの「なくそう心の段差」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 天国から見守って 引退補助犬の慰霊碑、奈良で除幕 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「日本介助犬使用者の会」の木村佳友会長(左端)ら補助犬使用者が参加して行われた引退補助犬慰霊碑の除幕=奈良県葛城市竹内の宝塚動物霊園・奈良分院で、高尾具成撮影
「日本介助犬使用者の会」の木村佳友会長(左端)ら補助犬使用者が参加して行われた引退補助犬慰霊碑の除幕=奈良県葛城市竹内の宝塚動物霊園・奈良分院で、高尾具成撮影

使用者の会・木村さん「功績たたえる場に」

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)としての役目を終えた引退犬のケアや補助犬使用者の支援に取り組むNPO法人「日本サービスドッグ協会」(JSDA、谷口二朗理事長)=奈良県葛城市新村=は10日、宝塚動物霊園・奈良分院(同市竹内)に建立した引退補助犬慰霊碑を除幕、開眼法要を営んだ。関係者約70人が見守る中、補助犬やキャリアチェンジ犬として活躍後、息を引き取った犬たちの納骨式が執り行われた。【高尾具成】

 2002年の「身体障害者補助犬法」(補助犬法)の成立から16年を迎え、引退犬が生涯を終えるケースが増加。同分院から敷地の提供を受け、JSDAが15周年記念事業の一環として慰霊碑を設けた。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文911文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集