メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京終駅

明治の駅復元 待合室、供用開始 JR桜井線 /奈良

改修が終わったJR京終駅待合室の外観=奈良市京終町で、塩路佳子撮影

 明治時代の姿へ戻す復元工事が施されている奈良市のJR桜井線・京終駅で9日、改修を終えた待合室の供用が始まった。外壁や内装にスギやヒノキを使い、一部に県産材を活用。レトロな雰囲気が漂う駅舎が乗降客の憩いの場となる。

 同駅は1898(明治31)年に、木造平屋建ての駅舎として開業。大正から戦後にかけては…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです