メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界農業遺産

「傾斜地農法」認定 大きな成果に喜び 美馬・三好・つるぎ・東みよし /徳島

くす玉を割って世界農業遺産認定を祝う兼西茂・つるぎ町長(左から4人目)ら=徳島県つるぎ町役場で、松山文音撮影

 国連食糧農業機関(FAO)は9日、県西部2市2町の急傾斜地農法「にし阿波の傾斜地農耕システム」を世界農業遺産に認定したと発表した。日本の世界農業遺産は11地域となり、中四国では初めて。

 美馬、三好、つるぎ、東みよしの2市2町で斜度40度に及ぶ急斜面の畑で作物を栽培。段々畑のように水平面を作らないのが特徴で、耕土の流出防止や保温のため、カヤ(ススキ)を敷いて雑穀や野菜などを生産してきた。世界農業遺産に向け昨年9月、FAOに書類を提出していた。

 10日には、つるぎ町役場(同町貞光)で認定報告会が行われ、地元の首長や農業関係者ら約70人が出席し…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです