メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界農業遺産

「傾斜地農法」認定 大きな成果に喜び 美馬・三好・つるぎ・東みよし /徳島

くす玉を割って世界農業遺産認定を祝う兼西茂・つるぎ町長(左から4人目)ら=徳島県つるぎ町役場で、松山文音撮影

 国連食糧農業機関(FAO)は9日、県西部2市2町の急傾斜地農法「にし阿波の傾斜地農耕システム」を世界農業遺産に認定したと発表した。日本の世界農業遺産は11地域となり、中四国では初めて。

 美馬、三好、つるぎ、東みよしの2市2町で斜度40度に及ぶ急斜面の畑で作物を栽培。段々畑のように水平面を作らないのが特徴で、耕土の流出防止や保温のため、カヤ(ススキ)を敷いて雑穀や野菜などを生産してきた。世界農業遺産に向け昨年9月、FAOに書類を提出していた。

 10日には、つるぎ町役場(同町貞光)で認定報告会が行われ、地元の首長や農業関係者ら約70人が出席した。県西部2市2町などでつくる「徳島剣山世界農業遺産推進協議会」の会長を務める兼西茂・つるぎ町長は「大きな成果と財産をいただいた。維持管理のために知識を集約し、将来に向かって進んでいく責任の重さも感じている」とあいさつ。くす玉が割られ、万歳三唱で喜びを分かち合った。美馬市穴吹町の農業、小泉靖雄さん(…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. 「崖暮らし」の子ヤギ 「ポニョ」と呼ばれ人気者に 救出作戦練る飼い主 千葉・佐倉

  5. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです