メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

/上 沿岸部の家を考える 木造仮設のモデルづくりに取り組む 建築士・内野輝明さん(54) /徳島

漁村の高台移転を考える「こうのすまい」を設計した内野輝明さん。小さな基礎からせり出す建物は、柱材を重ね合わせた梁で支える工夫をした=徳島県美波町木岐で、蒲原明佳撮影

 美波町木岐地区の漁村を見渡す高台。上っていく道と傾斜地の曲線に沿って木づくりの家が連なりあう。中は木の梁(はり)や柱がそのままの姿を見せ、上へ隣へと階段を行くと秘密基地を思い出す。ここは、普段は田舎の暮らしを体験する「ドミトリー聖ケ丘」。でも津波が襲ってきた時は、地域の暮らしを守る避難所になる。

 東日本大震災は、津波が町を根こそぎさらった。「助かる命を助けたい」。南海トラフ巨大地震に備える地域の人々と、内野輝明さん(54)ら徳島の建築士が、災害の前から生活の場を少しずつ高台へ移す「高台移転」のモデルとして2014年に造った「こうのすまい」だ。もしもの時にも生活とコミュニティーを守る仕組みを、探し続ける。

 震災発生から2カ月後、内野さんは仲間と宮城県気仙沼市から海岸線を下った。住宅が並んでいたはずの団地…

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1248文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 大阪震度6弱 女児通夜、泣き崩れる児童も
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]