特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

英明再び

選手紹介/7 堀江昂生外野手(1年)/天満龍弥内野手(1年) /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

内外野に捕手、幅広く貢献 堀江昂生外野手(1年)

キャッチボールをする英明の堀江昂生外野手=香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で、潟見雄大撮影 拡大
キャッチボールをする英明の堀江昂生外野手=香川県丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で、潟見雄大撮影

 昨秋の大会では一塁ランナーコーチを任された。内外野に加え、捕手もこなすことができる。「どこでも準備をして、チームに貢献したい」と話す。

 課題は打撃でのパワー不足。「やみくもに筋肉をつけるだけでなく、野球で使える筋肉をつけたい」と打撃フォームを意識してトレーニングに励む。

 高松市出身。趣味は読書でスポーツ関連の本をよく読む。将来の目標はスポーツインストラクターか教師になることだ。ただ、最近は英語にも興味が出てきたという。観光に来ていた外国人を家の近所で道案内した。「大学に行って海外に留学したい」と夢が膨らむ。

 好きな言葉は「質実剛健」。俳優の渡部篤郎さんのように渋くて格好いい男性に憧れる。

強気にプレーし結果残す 天満龍弥内野手(1年)

守備練習をする英明の天満龍弥選手=高松市国分寺町新名の同校グラウンドで、潟見雄大撮影 拡大
守備練習をする英明の天満龍弥選手=高松市国分寺町新名の同校グラウンドで、潟見雄大撮影

 昨秋の大会では1試合の出場にとどまった。その直前までは二塁手のレギュラーとしてプレーしており、香川智彦監督も「器用でセンスがある。レギュラーと比べても実力は見劣りしない」と言う。

 昨秋、「ミスが怖くなった」とプレーが消極的になり調子を崩した。周りに合わせてしまう性格で自分をアピールすることが苦手という。「強気にプレーして結果を残したい」と甲子園でのレギュラー奪回を狙う。

 高松市出身。小学生の時はソフトボールの全国大会にも出場した。好きなプロ野球選手はソフトバンクの今宮健太選手。広い守備範囲と肩の強さに憧れる。課題は体力不足で、冬の間は走り込みを増やした。「走攻守の全てでレベルを上げたい」

次に読みたい

あわせて読みたい