メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

酒が結ぶ絆 宮城の農家、酒米全量寄付 NPO法人「地球市民の会」が「さが・ひな市」で販売 /佐賀

 東日本大震災・熊本地震・九州北部豪雨

 東日本大震災で被災した宮城県の農家の酒米を使って県内の酒造会社が醸造した日本酒が10日、佐賀市であった「さが・ひな市」で売り出された。復興支援の意味を込めた酒の販売は7年目だが、2016年の熊本地震、17年の九州北部豪雨と災害が続いた九州のため、今年は初めて農家が酒米を全量寄付した。

 「被災地から支援に来てくれました」。10日午前10時、佐賀市の佐嘉神社で同市のNPO法人「地球市民…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文868文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]