メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

酒が結ぶ絆 宮城の農家、酒米全量寄付 NPO法人「地球市民の会」が「さが・ひな市」で販売 /佐賀

 東日本大震災・熊本地震・九州北部豪雨

 東日本大震災で被災した宮城県の農家の酒米を使って県内の酒造会社が醸造した日本酒が10日、佐賀市であった「さが・ひな市」で売り出された。復興支援の意味を込めた酒の販売は7年目だが、2016年の熊本地震、17年の九州北部豪雨と災害が続いた九州のため、今年は初めて農家が酒米を全量寄付した。

 「被災地から支援に来てくれました」。10日午前10時、佐賀市の佐嘉神社で同市のNPO法人「地球市民…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文868文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです