メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

東日本大震災7年(その1) 語る、繰り返さぬため

講演後、「宮城に来て下さい」と来場者に話す丹野祐子さん=横浜市都筑区で2018年3月10日、丸山博撮影

 東日本大震災は11日で発生7年を迎えた。新しいまちづくりが最終盤の被災地では、あの日の記憶を語り継ぐ動きが過去の災害にないほど活発になっている。宮城県名取市の丹野祐子さん(49)が中学1年だった長男公太さん(当時13歳)を津波で失った閖上(ゆりあげ)地区も、盛り土でかさ上げされ、新しい家が建ち始めた。公太さんを育て、津波に破壊されたまちの痕跡はない。それでも丹野さんは閖上に戻ることにした。見えるものがなくなり、伝えることもしなければ、またどこかで犠牲が繰り返される--。そう考えているからだ。

 10日午後、丹野さんは閖上から300キロ以上離れた横浜市歴史博物館にいた。震災の復興支援イベントに…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文893文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 女の気持ち たった一つの実 山口県光市・初田照子(85歳)

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです