メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日を探して

東日本大震災7年 家族支え脱サラ 福島・富岡の家諦め横浜へ

横浜港近くを歩く(右から)小畑まゆみさんと茂さん、長男竜太郎さん。「国と東電に、謝罪して『これからは事故が起きないようにします』と言ってもらいたい」と語る=横浜市で、和田大典撮影

 横浜市の新興住宅街に昨年夏、福島県富岡町から移住した一家が営むコンビニエンスストアがオープンした。「いらっしゃいませ」。真新しい店に店員の声が響く。オーナーは小畑茂さん(58)。マネジャーは長男竜太郎さん(30)。妻まゆみさん(58)も店員として手伝う。「コンビニっておもしろいですよ」と茂さん。2店目を出す機会もうかがう。

 福島に拠点のある化学会社に勤めていた茂さんは27年前、富岡町に家を建てた。3人の子に恵まれ、家は家…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文826文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 元広島・黒田さん、義援金1000万円寄付
  3. 茨城・大洗町 財政難で救急車老朽化も買い替えできず
  4. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  5. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]