メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/217 第6章 25=高村薫 多田和博・挿画監修

 忍は多磨駅の自由地下通路を通って朝日町通りへ出、警大へ走る。父が霊園の管理事務所を出てから一時間以上経(た)っていることを思えば、すでにそのへんにいない可能性のほうが高いことや、そもそも父が合田刑事といまごろ面会の約束をしているという可能性こそ、現実にはほとんどないことを、忍はすっかり失念しているが、自分の頭がまったく回っていないことにも気づいていない。

 警大の正門まで来たところで、浅井隆夫が来ましたかといきなり警備員に尋ねて怪訝(けげん)な顔をされ、…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文976文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです