メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『「招待所」という名の収容所 北朝鮮による拉致の真実』=ロバート・S・ボイントン著

 (柏書房・2916円)

「いかに」「なぜ」同時に追う

 現代史とは、ジャーナリズムから歴史への過程のことだ。

 世に言う「拉致問題」について自分が何を知っているか、改めて考えてみると情報の断片しかないことに気づく。広い視野のためには外の視点が要る。

 一九七〇年代から八〇年代にかけて、日本政府公認で十七名、一説には数百名の日本人が拉致されて北朝鮮に運ばれ、自由のない生活を強いられた。五名は帰国したけれど、他の人々について北朝鮮政府は死亡とか入境せずと言っている。

 一つの国家が平時に他国の国民を複数、計画的に拉致する。二十世紀の後半にそういうことが起こった。調査…

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです