メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

池澤夏樹・評 『「招待所」という名の収容所 北朝鮮による拉致の真実』=ロバート・S・ボイントン著

 (柏書房・2916円)

「いかに」「なぜ」同時に追う

 現代史とは、ジャーナリズムから歴史への過程のことだ。

 世に言う「拉致問題」について自分が何を知っているか、改めて考えてみると情報の断片しかないことに気づく。広い視野のためには外の視点が要る。

 一九七〇年代から八〇年代にかけて、日本政府公認で十七名、一説には数百名の日本人が拉致されて北朝鮮に運ばれ、自由のない生活を強いられた。五名は帰国したけれど、他の人々について北朝鮮政府は死亡とか入境せずと言っている。

 一つの国家が平時に他国の国民を複数、計画的に拉致する。二十世紀の後半にそういうことが起こった。調査…

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1421文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです