メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『高機能アルコール依存症を理解する』/『自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド』

 ◆『高機能アルコール依存症を理解する』セイラ・アレン・ベントン著(星和書店・3024円)=水澤都加佐監訳

 ◆『自分を傷つけてしまう人のためのレスキューガイド』松本俊彦監修(法研・1728円)

「否認の病」から救い出すために

 酒で失敗することもあるが、私がアルコール依存症のはずはない。人一倍、仕事を頑張っているし、成功もしているから……。アルコール依存症者には、家族も仕事も家も失った者だ、などのステレオタイプのイメージがつきまとう。このようなイメージとは遠く、高収入で社会的に成功している人たちの中にもアルコール依存症者は存在する。この高機能アルコール依存症に焦点を当てたのが『高機能アルコール依存症を理解する』だ。著者は、自らの体験をもとに「全てを失った酔っぱらい」に当てはまらない高機能アルコール依存症者の問題をあぶり出した。彼らはいわゆる典型例に該当しないため、本人も周囲も依存症であると認識することが難しい。治療を始めるのが遅れたり、全く治療されなかったりする。「酒癖が悪いけど、優秀な人だから」と見逃されてしまうのだ。しかし、この依存症は死に至る病であるから、放置できない。

 依存症になる理由は、本人の意志の弱さとは無関係だ。四十年ほど前から、依存症者は自らの抱える困難や苦…

この記事は有料記事です。

残り1482文字(全文2025文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです