メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
今週の本棚・新刊

『イスラーム主義-もう一つの近代を構想する』=末近浩太・著

 (岩波新書・907円)

 出口が見えない難題を前にすると、人は思考を停止させるか、単純な結論を求めがちだ。混迷が続く中東情勢はその典型だろう。「中東・イスラムの人たちは、もともと民主主義になじまず、欧米諸国と理解しあうのは難しい」「西洋とイスラムの対立は、必然的な『文明の衝突』だ」。本書は、そんな二項対立のわかりやすい論の前で立ち止まり、イスラム主義の可能性を探ることで、問題解決の道筋を探…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです