メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・新刊

『古地図片手に記者が行く 「鬼平犯科帳」から見える東京21世紀』=小松健一・著

 (CCCメディアハウス・1458円)

 新聞記者の楽しさは、思いがけない発見をすることだ。駆け出しだった著者が地方のサツ回りで出会ったのが、小説『鬼平犯科帳』を、指揮官のあるべき姿や、捜査の誤りへの対処といった視点で愛読する警察幹部たちだった。30年以上たって、発見は、小説の舞台を訪ねる毎日新聞東京版の連載「鬼平を歩く」につながり、本著に結びついた。

 古地図とカメラを相棒にひたすら歩き、会った人と話す。現場第一主義のサツ回りの本領発揮だ。清水門外の…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文496文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです