メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

語り部、心揺れた7年 東日本大震災、長男失った宮城・閖上の女性 伝えるため、母は戻る

 東日本大震災は11日で発生7年を迎えた。新しいまちづくりが最終盤の被災地では、あの日の記憶を語り継ぐ動きが活発になっている。宮城県名取市の丹野祐子さん(49)が中学1年だった長男公太さん(当時13歳)を津波で失った閖上(ゆりあげ)地区も、盛り土でかさ上げされ、新しい家が建ち始めた。公太さんを育て、津波に破壊されたまちの痕跡はない。それでも丹野さんは閖上に戻ることにした。見えるものがなくなり、伝えることもしなければ、またどこかで犠牲が繰り返される--。そう考えているからだ。

 10日午後、丹野さんは閖上から300キロ以上離れた横浜市歴史博物館にいた。震災の復興支援イベントに…

この記事は有料記事です。

残り3118文字(全文3407文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです