メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

/56 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 春子宅を親友の直美が訪ねてきた。直美は、もっと若かった頃に皆が恋の話題で盛り上がっていると、春子が興味を持てないでいることに気付いていたといい、そんな春子を肯定する。ゆかり宅での食事会に、直美の一家も招かれている。

人が集まる場所

 孝太郎と明斗(あきと)、京子の夫・孝之もやってきて、普段はその空間をさびしくさえ感じることもある母屋の一階は狭いくらいだった。

「この家にこんなに人が来るなんて、何年ぶりやろね」

この記事は有料記事です。

残り2712文字(全文2925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです