特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島第1原発

元副所長の山伏、鎮魂と謝罪の行脚続ける

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
犠牲者の鎮魂のため、同行者とともに海に向かって般若心経を唱える増田哲将さん(左)=青森県八戸市の蕪島神社前で
犠牲者の鎮魂のため、同行者とともに海に向かって般若心経を唱える増田哲将さん(左)=青森県八戸市の蕪島神社前で

 2011年の東日本大震災から11日で7年。犠牲者の鎮魂と東京電力福島第1原発事故の謝罪のため、元同原発副所長で山伏の増田哲将(のりまさ)さん(80)=長野市=は毎年、東北への行脚を続けている。【川辺和将】

 増田さんは長野高、京都大を経て東電に入社。当初は福島県の火力発電所などの増設促進に取り組んだ。福島第1原発の副所長になったのは87年。当時は7、8号機の増設計画があり「増設について地元議会で一人たりとも反対させてはならない」と本社から「特命」を受けた。

 情報収集と人脈作りのため、仕事が終わると毎晩4軒ずつ飲み歩いた。反対派の町議から「娘が原発職員と結婚しようとしている」と相談を受けると「町議の顔を立てるため」に交際相手の職員を別の原発に異動させた。原発反対派が多い漁協の幹部の家族に就職先をあっせんしたこともあったという。「反対派を含めた地元と東電の『運命共同体』を作ることに全力を注いだ」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文911文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集