メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」
名古屋ウィメンズ

初マラソンの関根が3位 MGC出場権

【名古屋ウィメンズマラソン2018】日本人選手最高の3位でフィニッシュし、MGCへの出場権を獲得した関根花観=ナゴヤドームで2018年3月11日、木葉健二撮影

 2020年東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を懸けた名古屋ウィメンズマラソンは11日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、16年リオデジャネイロ五輪1万メートル代表の関根花観(日本郵政グループ)が、初マラソン日本歴代4位の2時間23分7秒で日本勢最高の3位に入った。メスケレム・アセファ(エチオピア)が2時間21分45秒で初優勝した。

 岩出玲亜(ドーム)が2時間26分28秒で4位、野上恵子(十八銀行)が2時間26分33秒で5位。日本勢上位3人がMGC出場権を獲得した。清田真央(スズキ浜松AC)は9位、前田彩里(ダイハツ)は15位だった。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです