メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
名古屋ウィメンズ

初マラソンの関根が3位 MGC出場権

【名古屋ウィメンズマラソン2018】日本人選手最高の3位でフィニッシュし、MGCへの出場権を獲得した関根花観=ナゴヤドームで2018年3月11日、木葉健二撮影

 2020年東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を懸けた名古屋ウィメンズマラソンは11日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、16年リオデジャネイロ五輪1万メートル代表の関根花観(日本郵政グループ)が、初マラソン日本歴代4位の2時間23分7秒で日本勢最高の3位に入った。メスケレム・アセファ(エチオピア)が2時間21分45秒で初優勝した。

 岩出玲亜(ドーム)が2時間26分28秒で4位、野上恵子(十八銀行)が2時間26分33秒で5位。日本…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文500文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです