大震災7年

安倍首相「福島復興に全力あげる」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
生産設備メーカー「協栄精機」で小型無人機(ドローン)を前に、関係者らと話す安倍晋三首相(左から2人目)=福島県南相馬市で2018年3月10日(代表撮影)
生産設備メーカー「協栄精機」で小型無人機(ドローン)を前に、関係者らと話す安倍晋三首相(左から2人目)=福島県南相馬市で2018年3月10日(代表撮影)

 安倍晋三首相は10日、東日本大震災発生から7年となるのを前に福島県を訪問し、東京電力福島第1原発事故などからの復興状況を視察した。被災地訪問は昨年12月の岩手県以来で、今年初めて。首相は視察後、記者団に「一歩一歩であるが復興は着実に前進をしている。8年目を迎えても今までと同じように国が前面に立って福島の復興に全力をあげる」と…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集