米輸入制限

日欧貿易相が除外要求 衝突回避を模索

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ブリュッセル三沢耕平、八田浩輔】日米欧の貿易相は10日、国際的な通商課題を協議する3者会合をブリュッセルの欧州連合(EU)本部で開いた。トランプ米大統領が決定した鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限について日欧は米国と個別に会談し、それぞれ対象からの除外を要求した。しかし、除外の判断はトランプ大統領が行うため、米国とは意見交換にとどまったもようで「貿易戦争」を回避できるかはなお予断を許さない状況だ。

 3者会合では、世耕弘成経済産業相、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、マルムストローム欧州委員が出席した。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文861文字)

あわせて読みたい

ニュース特集