メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

星野氏追悼 阪神「77」中日「20」で試合

星野仙一・元阪神監督の背番号「77」を付けたユニホームを着て整列する阪神の選手たち=阪神甲子園球場で2018年3月10日、大西岳彦撮影

 プロ野球・阪神は10日、1月に70歳で亡くなった星野仙一元監督の追悼試合として、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で中日とのオープン戦を行った。半旗が掲げられる中、阪神の選手らは全員、星野さんの監督時代の背番号「77」、中日は中日選手時代の「20」の背番号がついた特別ユニホームでプレーした。

 プロ1年目の1999年から3年間、星野監督が指揮する中日でプレーした福留は志願して出場。…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです