メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

ルペン党首、父のイメージ刷新 党名「国民連合」へ 極右・国民戦線が方針

 【パリ賀有勇】フランスの極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首(49)は11日、党名を「国民連合」に変更する方針を党大会で発表した。昨年5月のフランス大統領選でマクロン氏に敗北したルペン氏は、党創設者である父・ジャンマリ氏(89)の人種差別主義的な印象がつきまとう党名を変えることで、イメージ刷新を図る。

 仏北部リールで開かれた党大会では、2015年に除名されたジャンマリ氏が今も保持するポスト「名誉党首」の廃止も決定した。ジャンマリ氏を党から完全に排除することで、22年の次期大統領選に向けて、党勢の拡大を狙う意図がある。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです