メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「60年安保」指導者の後半生

 島成郎(しげお)(1931~2000年)といえば、「60年安保闘争」を主導したブント(共産主義者同盟)の書記長だった人物として知られる。ブントは全学連(全日本学生自治会総連合)の主流派を占め、国会突入デモなどの過激な運動を展開した。結果的に、日米安保条約改定は貫徹され、闘争は敗北に終わる。その後、島は政治を離れ、大学に復学して精神科医となり、主に沖縄で医療活動に当たった。

 ここまでは比較的有名な話だろう。しかし、沖縄に赴いて以後、島がどのような長い「後半生」を送ったのか…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです